Browse By

ポスターとは出版物と同じで印刷によって成り立っているもの・・・

印刷による原版の複製物であるポスターというもの

ポスターというものは原版ができ上がれば、それが印刷されて何枚もの複製となるわけですね。そもそもポスターというものは、何らかの宣伝目的のために作られるものですから、同じものが何十枚、何百枚と複製されることになって、貼り出されるものとなるわけです。これは映画や演劇のポスター、といったもののことを考えてみればわかるでしょう。この点で、一枚の原版だけのものである絵画とは決定的に異なったもの、と言えるわけなのですね。

ポスターとは印刷がなければ成り立たないもの

この意味で、原版(原画というべきですが)だけのものである絵画に対して、ポスターというものは原版ができ上がれば、印刷されて多数の複製が作られるもの、という前提で制作されるものなのです。つまり、ポスターというのは印刷が不可欠となっているもので、その意味では印刷されて多数が配布される出版物と同じもの、と言うことができるでしょう。ただし、ポスターは出版物のよう手にとって見るものではなく、壁に張り出されるものであるわけなのですね。

印刷技術のなかった時代のポスターと言えるものとは?

でき上がれば、印刷されて多数の複製があちこちの壁に張り出されて、何らかの広報のために使われるもの、というのがポスターというものの定義と言えるのではないでしょうか?選挙のポスターなどというものが、まさにこの典型とも言えるものでしょう。まだ、印刷という技術がなかった時代には、絵師の描いたイラストの広報版のようなものが、現代のポスターのような役割を担っていたわけなのですが、そう考えてみると、ポスターにはちゃんとその前史のようなものがあるわけなのですね。

大量の印刷物を安く綺麗に仕上げたい時に、どうしたらよいのかは難しい問題です。そんな時には、専門業者の格安コピー印刷サービスを利用してみるとクオリティの高い印刷が実現できるでしょう。