Browse By

根拠のない風評被害を防ぎ、対処するためには

風評被害が広まりやすい現代

便利な時代だからこそ、その便利さが刃物のようになってしまう時があります。風評被害は根拠のない噂ですが、インターネットが日常生活の中に当たり前に浸透しているからこそ、ネット上で悪い噂が一人歩きしてあっという間に広まってしまうのも今日の特徴です。きちんと調査された結果をマスコミやインターネットに発表されるのは良いのですが、聞きかじった程度の曖昧な知識で関係の無い人や団体を巻き込んでしまうような場合も多く、早急な対応が求められます。

マスコミやインターネット情報に注意

インターネット上でもし根も葉も無い情報が流れたり書き込みがされたなら、早目に削除申請をしましょう。法人なら専門家にお願いして対応してもらうのも良いでしょう。誰かが面白がって書き込んでいるなら、それに対して反応を示せばますます悪化する可能性が大きくなるのでやみくもに相手をするのも禁物です。テレビや新聞に載っているもの、インターネット上に流れている情報全てが真実だとは限りません。自分の目で見たもの、信じられるものを大切にしましょう。

普段から信用を積み上げて

確実に風評被害であり、それによっていわれのない苦しみを受けているなら、きちんとした場で真実を発表する必要も出てくるでしょう。発表してもなかなか信じてもらえないかも知れませんが、きちんとしたデータや証明できるものがあれば堂々と何度でも説明できます。人間の考え方は100パーセント同じではありません。きちんと受け止めてくれる人もいます。普段から信用を得る努力をしている人や企業なら信頼を回復できるのも早いでしょう。

インターネットには多くの誹謗中傷があります。掲示板にそのような書き込みをされてしまったら誹謗中傷対策で自分を守る必要があります。