Browse By

内勤者を束ねる上司の役割とは?管理職が意識すべきこと!

内勤者が多い組織の構図とは?

会社という組織は多くの人で構成されていますし、一つのビジネスを遂行するには多くの職能や組織が必要となります。その組織には、内勤者ばかりで構成される事務部門のようなところもあるでしょう。そういった構図になっている組織は、上司も部下も常に会社の中にいて仕事をすることになりますので、その組織を管理する上司にはその組織に合った管理能力が求められることになるでしょう。営業部隊や工場の管理者とは違った能力が求められるはずです。

内勤者を束ねる上司に求められること

内勤者ばかりの組織の上司に求められる能力とはなんでしょう?一つは、部下が常に目の前にいるわけですから、部下が現在何に取り組んでいて、どんな進捗状況なのかをしっかり確認する管理能力が求められます。また、内勤特有の人間関係で悩んでいる人がいれば、それを解決して部下のモチベーションを上げていくことにも力を割く必要があるでしょう。内勤者で構成される組織の上司は、縁の下の力持ち的な管理能力が求められるのかもしれません。

内勤者の上司として差をつける取組とは?

内勤者の上司は、出世競争にもさらされています。そのため、上司としての評価を得ることはその人の出世に関わる重大な課題といえるでしょう。当然、上司自身が率先垂範で先頭に立って仕事の成果を出していくということも求められますが、それだけでなく、部下の人材育成に力を入れ、部下を育てることが上手になることも評価を得るポイントになるでしょう、特に内勤者を部下に持つ上司は、その点に評価の重きが置かれるというケースも増えているようです。

運用監視業務の求人件数はたくさん出ていますので、応募要項のシフトや労働形態をチェックしながら、希望の求人先を見つけることができます。