Browse By

死角ってけっこう重要!賃貸物件のチェックポイント

失敗したくない物件選び

物件選びに失敗しないためにはどんなことを心がけておけばよいのでしょうか。賃貸物件というのは、立地条件や設備、築年数や家賃など、評価するべき点はいろいろとありますが、意外と周辺がどんな環境なのかと言うところは見落とされがちですね。たとえば、自転車置き場がちゃんとあるかどうかということは、良い生活環境のためにはけっこう重要だったりしますよ。自転車が置ければ、たとえば通勤や通学にも使えますし、コンビニやスーパーなんかにもわざわざ歩いていく必要がなくなりますしね。

死角があるかどうかも

たとえば、その物件の周りの見通しがどうなっているかということは、特に防犯面で重要になってきますよ。建物の見通しが悪く、影ができるようなところに立っている物件は、もちろん日当たりの面でも条件が悪くなってきてしまいますし、泥棒とかにも狙われやすくなってしまいます。入口や窓、そういったところに死角があると、不審者に侵入されやすくなってしまいますので、防犯に気を付けたいのであれば、資格があるかどうか、見通しが良いかどうかについても、チェックしておくべきでしょう。

見えすぎても良くない

見通しというのは、あるいは見えすぎても良くないかもしれません。というのも、見通しが良すぎれば、それだけ部屋の中が見えてしまうことにもなって、プライバシーが守りづらかったりすることがあります。カーテンを閉めるなんてこともできますが、そうなると日中も電気を点けっぱなしにしなければならなかったりしますよね。なので、見通しというのは悪すぎれば防犯面で良くないですし、見えすぎてもプライバシーが守れなくなってしまうので、結構難しいところなんですね。

シュレッダーは、子供が誤って指を入れてしまわない様に指入れ防止の機能が付いている物が主流になっており、安全に使用できます。